椎の実

今年は夏が暑かった所為でしょうか、果物の生りがいいとか。
夫が我が家の前のグランドの所でポケット一杯椎の実を拾ってきたのです。

e0117192_21515086.jpg

私が「もう孫がどんぐりで遊ぶ齢でもないのに。」と言いましたら
「ドングリじゃないよ。椎の実だよ。」と言うのです。私「ドングリと椎の実と
違うの?」聞きましたら「違う、椎の実は食べられる。」と宣う。「どんぐりと椎の実、どこが違うのよ。」と聞きましたら「見れば分かる。」私に言わせればどちらも同じ格好しているんですけれど、夫は分かるという。子供のころこれを拾っておやつ代わりに食べた。私「どっやて食べるのよ。このまま?」と聞いたら「焙烙鍋で炒って。」冗談じゃないわよそんなもの我が家にございません。こんな拾ってきた椎の実の為に何で焙烙鍋を買わなければいけないのよ。
私考えました。栗を焼くように実にチョッとナイフを入れオーブントースターに入れて
焼きました。栗の鬼皮を取るようにして(栗と違って小さいから大変。)実を出しました。
私ブツブツ、何で私がこんなことに時間を費やさなければならないの。まったくもう!
でも鬼皮(と云うのでしょうか外の硬い皮)をむいて、ふと考えました。きっとお仏壇に入っていらっしゃる我が家のご先祖様、きっと懐かしいでしょう。夫が懐かしいというからもっと懐かしいでしょうね。そう思ってお供えしました。
文句言いながらちょっと食しました。お味?生のピーナツを茹でた味?かピスタチオの生(このピスタッチの生は日本ではなかなか食べられない)に似ていました。結構オツナなものでした。


[PR]
# by assaramu | 2018-10-16 21:56

New電子レンジ

我が家の電子レンジ、ちょうど15年前、娘の所の孫が生まれる寸前に買ったもの。
娘がお産で我が家に来ると云う時、今まで使っていた電子レンジが壊れ哺乳瓶の洗浄に電子レンジがいいというので慌てて買い替えたもの。その時買い替えた電子レンジも丁度15年ほど前に買い替えたもの。私はどうも野次馬で電子レンジが出始めたころ、まだ巷では珍しかったころかったもの。我が家の電子レンジの壊れるサイクルは15年サイクルのようで。

昨日1分前まで使っていたのに、次の物を入れようとしたら突然タイムを表示するところがHと表示され、私???もう一度やり直したら『バーン』と言うすごい音がして、家中の電気が消えた。ブレーカーが落ちたよう。「えぇ!どうしちゃったのよ。」
後で分かったのですが、無知な私は H と出たらレンジのどこかが故障という合図なのも
知らずにもう一度電気を入れる。まぁ大事にならずに済んだ。でも無知と言うのは後で考えると 怖い 怖い!
よくこれで人間生活をやってきたものだなぁ!我ながら感心しております。
台風が来ないうちにと慌てて電子レンジを買いに。

買う段になって、オーブン機能を備えていなければ安い。
この頃はあまりケーキの焼かないし、ピザも作らない。オーブン機能無しをとちょっと頭の隅を開け巡ったのですが、たまに「おばあちゃん!ヨーグルトケーキ食べたいよ。」と孫たちからのリクエスト。それに何時も作って冷凍している焼き豚もオーブンで作るのか。とケチな事を考えずにやはりオーブン機能付きの物を買い求めてきました。

さてこのレンジまた我が家の法則で行くと15年後に壊れて買い替え?
冗談じゃないわよ。次に買い替える時は私ここに絶対いないわよ。でもあちらの世界でもうちの家族、ヨーグルトケーキを食べたいと宣うのかしら。あの人たちが私のもとに来るときはずぅ~と後。今は人生80年でもあの子たちの頃はきっと人生100年時代。そんな後の時は電子レンジ何て時代遅れ。あちらの世に行ってからもうちの孫ども、私をこき使う気かしら?と云う事はこれが最後の電子レンジ。そう思うとなんと無しにこの電子レンジが愛おしくなって思わずここに写真を載せました。


e0117192_14480973.jpg



[PR]
# by assaramu | 2018-09-30 14:58

釧路漁港にて

夏の間涼しい釧路に滞在し、9月の始めに帰ってきました。被害にあわれた方には申し訳ないのですが、あの9/6の北海道地震本当に今回は危機一髪、難を逃れました。まず釧路を出るのが1日遅かったら台風の影響で船が欠航、そうしたら押せ押せで船に乗るのも後回しにされあの地震に見舞われるところでした。

帰ってくるなり色々あり、やっと釧路最後の頃の写真整理をしていたら、面白い写真がありました。釧路漁港で見た光景、私が漁港に行ったらちょうどイワシ漁船が帰ってきたところ漁船目がけてカモメが飛び交い、イワシ網の中には、サメが!
このサメ何ザメと言うのか知りませんが、口一杯にイワシを・・・・・・・・
可哀そうにこのサメ、イワシを食べ損ねて成仏ですか。こんなところに捨てられて、せめてあちらの世界に行く前にお腹いっぱいに食べさせてあげたかった!

カモメはトラック一杯に入っているイワシを失敬!海に潜って取らなくても此処で充分食べられて。私トラックを目がけてくるカモメに思わず『泥棒!』と。
でもこれが自然の摂理なのですよね。
人間だってイワシの大群の所目がけて網を張って、イワシは大海原をスイスイ気持ちよく泳いでいたのに。
人間本位に考えるからカモメに向かって『泥棒』と云ってしまう。

e0117192_10310066.jpg




[PR]
# by assaramu | 2018-09-22 14:26

DreamOcean

またまた港に船が入港するという。
東京で生活していると、船の出入りまったく他人事。

野次馬の私、今回は港に近いのとママチャリを購入ですぐに飛んでいく。
地元のボランテェアの皆様がここ釧路ではアイヌ衣装や和服姿で、船の出航を見送ってくださる。
昨年3週間の船旅をした時、港でこのように地元の皆様にお世話になったんだと改めて
感謝❣

朝7時に入船と言うので入港する姿をと思ったのですが、釧路名物の霧で全然何も見えない状態、船が接岸して間もなく霧も晴れ乗船されている方は釧路名物の霧も見る事が出来て返って良かったのでは。

また明後日、客船飛鳥が入港すると云う。
野次馬バアサン、またカメラをぶら下げいざ港へ Let's go

でも私のような歳の人、カメラをぶら下げ船の進行と一緒に追いかける。
だ~れもいない!
私と同じような事をしている人は男性ばかり、やっぱり私チョッと変わっている?

e0117192_10191516.jpg



[PR]
# by assaramu | 2018-08-20 10:23

帆船

今年釧路で借りたウイークリーマンション、港の近くの4F。このマンションのベランダからちらっと海が見える。

ふと海の方を見るとかすかに船が入ってくるような・・・・・それ!とばかりに今年は中古の自転車を買い(6,000円で購入、帰る時は1,000円で引き取ってくれるとの事)

その自転車で港へ、いい年をしたバアサンがやることは子供並。
港へ行ったら何のことはない漁船が出向の準備のため動いたに過ぎなかった。
帆船が停泊していたので「わぁ!帆船って実物を見たのは始めて。」何とか乗船したいと思い何時もの野次馬根性で乗組員の方に伺ったら今回は見学会は無し。
なんで?見せてくれてもいいのに。「ケチ」と心の中で未練がましく帆船を眺めてきました。帆船が出航する日を聞いてせめてお見送りをと思い日時を聞き出航の時間に行きましたら、私だけじゃなかった!20人ぐらいの人がみんなカメラやスマホを持ってお見送り。皆さん何処からいらっしゃったのでしょうね。
自転車で行ったのは私と私ぐらいの年配の男性だけ、後は皆さん車で、結構離れたところからいらっしゃっていたのでしょうね。
ちょうどこの日かちょっと曇っていて、釧路名物?の霧もかかり遠ざかって霧の中に消えていく姿、チョッとおセンチに・・・・・柄にもなく私にもまだこんな気持ちが残っているんだ。

e0117192_22415492.jpg

[PR]
# by assaramu | 2018-08-14 22:48

カメラのキャップ

カメラのレンズのキャップを失くしてしまい、いくら考えても
と言うより考えるのではなく諦め。確かにキャップを外しGパンのポケットに・・・・・と思っていたのですが、多分入れたつもりで、落としたのでしょう。
仕方がないのでレンズ拭きでレンズ部分を覆っていたのですが不便でしょうがない。
夫が「そんなものカメラ店に行けば売っているよ。」といいます。
そうだ夫はこのキャップを失くす常習犯、「レンズのキャップが何処かへ行ってしまった。」とよく騒いでいたのに何時の間にかチャンとレンズについている。
私はどこかから出てきたと思っていたのですが、今にして思えば「買って付けていたのか。」それでカメラ店に売っていると知っているのだ。まったくもう!

私もさっそく買いに、有りました。これが大した代物、何で正規の物にはこのようになっていないの。
ちょっとしたアイデア、本体と紐でつなぐようになっている。
私のようにポケットに入れたつもりで落としたと云う事はこれからは絶対にない。
キャップから外してもこれからはチャンとカメラにぶら下がっているから、もう大騒ぎする必要なし。
でもカメラからキャップがぶら下がっている人今までに見たことがない。
誰も私のように無くさないのかしら。夫も紐は付きではない。
みんな格好悪いのでこんな事しないのかしら?
それとも無くさないから買わない?
でもね売っているんですもの。またこんな些細な事で考えている私!

e0117192_21215823.jpg
            この紐に感謝します。

[PR]
# by assaramu | 2018-08-07 21:56

初挑戦。

釧路川の河畔に、一軒のフレンチレストランがある。アイヌ語で謝肉祭を表すこのレストランのコンセプトは、アイヌ料理とフランス料理の融合だ。「“釧路らしさ”を追求したら、辿りついた食材が鹿肉だった」と語るのは、オーナーシェフの舟﨑氏。オープン以来5年間、コース料理のスペシャリテ(メイン料理)

として、エゾシカ料理を提供してきた。


このレストランに行ってきました。昨年、ここ釧路に滞在した時は予約が取れませんでしたので今年が初挑戦。

シカの肉!チョッと躊躇しつつも従来の野次馬根性がムラムラと・・・・・・


初物を頂くと
75日寿命が延びるとか。この齢になったら75日延びようが縮まろうがそんな事は関係ないけれど、新しいそれもあの何とも言えない可愛いおメメのシカさんのお肉を頂くのはね。

でも頂いてみてびっくり!柔らかくて臭みもなく私の頭の中ではラムの味を想像していたのです。きっと言われなければビーフと思うかも。


そう云えば、確かお土産もの屋さんでシカの肉のジャッキーや缶詰肉が売られていたので、あれを今年はお土産に買って帰ろうかしら。

でもね、私のような野次馬ならいざ知らず、ほとんどの人は No Thsnk you でしょうね。

e0117192_16264521.jpg

     シェフがわざわざお料理の説明に。

e0117192_16244045.jpg
ソースがばつぐんに美味しかった。お肉の下にあったマッシュポテト(このマッシュもすごくおいしく)でお皿をきれいにしました。


[PR]
# by assaramu | 2018-08-06 14:06

一匹10円につられて。

          
中々wi-fi環境がうまく行かず、今スーパーの【みんなの広場】を利用してこのブログ書いてます。
どうしてもこんな新鮮なイワシが東京では1匹10円では買えないので。

e0117192_05350024.jpg

このイワシ、一匹10円新鮮そのもの、我が家に居たら買ってすり潰し、つみれにしたり、ちょっと面倒だけど骨と皮を取ってイワシのナメロウにしたり、色々使い道ありなのに。
でも一匹10円に魅かれて、2匹だけ買って何とか小さな鍋で生姜煮に。安上がりなおかずと思ったけど、私のいい加減さ、イワシが一匹10円ならちょっといいお肉を奮発してと思い高いお肉を、何のことは無し。10円のイワシにつられて結局高い夕飯代に。私の経済観念はこんな事で毎度過ごしていて、やっぱり億万長者は無理。


[PR]
# by assaramu | 2018-07-31 10:39

e0117192_22242553.jpeg
  今年もまた涼しい釧路に。
  このサンフラワーで

今年はここに来る時からアクシデント、まったくもう!
夫が富良野のラベンダー畑で転んで脳震盪、救急車のお世話に。一時はどうなる事かと。

そして今年借りたマンスリーマンション、Wi-Fi整っていなくてインターネット環境がゼロ。どうしたらいいの!wi-fiレンタルをと思いましたが、
物凄い金額、(月7,000円、その他諸々の費用で20,000円近く)でも仕方がないか・・・・・・
そう思っていたら、Mさんから良い情報をくださいました。
テザリング   私も夫も全く知りませんでした。でもお陰で何とかインターネットが使えるように。ただ私のiphonのG容量が低くて思うようにつながらず、このブログも四苦八苦して書いている次第です。

auショップに行ったり、au相談に電話したり、この相談室の方本当に親切で何とかつながるよう色々努力してくださいましたが、
要は私のiphonの容量不足のようで、auショップに行ってどうも機種変更しなくてはいけないようです。家に居ればこんな苦労しなくてもすんなりインターネットが繋がっているのに。
でも普段何でもなく、インターネットを使っていて何も感じませんでしたが、こんなに苦労するとは。

明日はこちらの病院に夫のMRIを撮りに、転んで脳震盪を起こしてからどうも思わしくないので。何でもなければいいのですが。

e0117192_22353209.jpg
 
釧路港に上がったサンマ一匹 400円まだまだ手が出ません。
         おサンマ様です。



[PR]
# by assaramu | 2018-07-23 23:23

意地の張り合い

e0117192_10353635.jpg

何の変哲もない使いきった我が家の歯磨き粉(粉でなくチュウブですから何というのでしょうか、私は勝手に粉でなくても歯磨き粉と云っていますが)
粉であろうとチュウブであろうと別に問題はないのです。
このチュウブの中身が無くなるころから、我が家は夫と私で根競べ。

この中身が無くなって何方が新しいチュウブの封を開けるか。
別にどうっていう事はないのですが、二人とも暗黙のうちに自分は絶対に頑張って最後まで使い切り相手が新しいものを出す。
まったく他愛無い事に意地の張り合い。
今回は私の負けで、どんなに頑張っても中身が出てこない。
仕方が無いので新しいのを出しました。

まったくこんな事をケチって、いえいえ塵も積もれば山となるですから、きっと100年後くらいには億万長者になるでしょう。




[PR]
# by assaramu | 2018-07-06 21:52